にんにく卵黄人気ランキング

にんにく卵黄の歴史は古いです。
江戸時代の薩摩で誕生したと言われています。
にんにく卵黄は古来より九州の南部の地方で多くの人に親しまれてきた伝統食品とも言えるでしょう。

 

そもそもにんにくという食べ物が親しまれてきた古い記録は紀元前3000年も前にさかのぼります。
日本だけではなく、世界各地で親しまれてきたにんにくは疲労回復や滋養強壮にと愛用されてきました。
スタミナ料理の定番といえば、もはやにんにくといった感もありますよね。
それだけでなく料理のアクセント、香り付けともに重用されてきました。
そんな元気の源であるにんにくを使用した伝統食品がにんにく卵黄なのです。

 

また、鶏卵も古くから親しまれてきた栄養食です。
病気のときにしか食べられなかったというような時代もあるくらいです。
現代では、さまざまな栄養素をバランス良く含んでいるので、鶏卵だけで事足りるという完全食とも言われています。

 

にんにくと卵黄を一緒に摂取することでそれぞれの有用成分がさらなる相乗効果をもたらすのです。
しかし、にんにくはとても臭いが強いことでも知られています。
健康になるのはわかっていても毎日摂取するのは厳しいかもしれません。
そこで開発されたものがにんにく卵黄のサプリメントです。
健康ブームの昨今、各社からたくさんの卵黄サプリメントが販売されていますよね。
有名どころの商品なら、やずやの雪待ちにんにく卵黄や健康家族の伝統にんにく卵黄などがあげられます。
他にも黒ごまにんにく卵黄油など各社がどれも工夫をこらして開発した製品です。

 

にんにくと卵黄以外の黒酢や黒ごまなどなど健康に良い食品がたくさんブレンドされています。
また、にんにくの産地や熟成方法、カプセル化や成分量などなども様々なのでどれが良いということはありません。
ですので、自分に合うと思ったものがあれば試してみてくださいね。

 

にんにく卵黄サプリメントの最大の利点はなんといってもにんにくの臭いがカットされていることでしょう。
ただでさえ気にする方の多いにんにくの香りも、食事のときに食べてしまうと口臭や体臭の原因となることが知られています。
そうなってしまうと、毎日食べるのも難しくなってきますし、特に女性の方であるなら進んで食べようと言う気にはならないですよね。
ですが、にんにく卵黄サプリメントに使われているにんにくは熟成・発酵させているために臭いが大きくカットされています。
また特殊なカプセルによって胃の中でも溶けないために口臭となることもありません。

 

にんにくを熟成・発酵させるのは何も臭いのカットのためだけではありません。
にんにくに含まれている成分がどれも格段に増進しているのです。
抗酸化作用のあるポリフェノールやアミノ酸、タンニンなどの成分は格段に増しています。
生のにんにくを食べるよりも栄養がたくさん摂取できる。
その上に、臭いも気にしなくていい。
さまざまなメリットがあるのでにんにく卵黄サプリメントはとても注目を集めています。

 

にんにく卵黄は、健康食品に分類されているので、薬ではありません。
ですので、飲み合わせや併用を考えなくてもいいのも気軽でいいと思います。

 

健康の増進だけではなく、アンチエイジングや美容に、滋養強壮にと、万能選手のようにマルチに活躍してくれるのです。
参考サイト:にんにく ランキング

食材で中性脂肪を減らす

中性脂肪値は高い状態を続ないことが大切です。深刻な疾病につながる前に、毎日の生活習慣を見直して改善するとよいでしょう。食事の内容のチェックや適度な運動が効果的です。毎日食べる食事から少しずつ改善すると、意外と楽に数値の改善を擦ることができます。
基本的に油脂を多く使用した献立は避けましょう。脂の摂りすぎは中性脂肪値の増加につながってしまいます。その上でバランスの良い献立を考えることが大切になります。
中性脂肪には食物繊維の摂取が効果的です。食物繊維は余分な脂質を吸収して体外に排泄させる働きをします。コレステロールや糖質の排泄にも効果がありますので、積極的に取り入れることが必要です。
野菜は1日に350g摂取することが推奨されています。生の状態ではこの量を毎日取り続けることは無理があります。蒸したり、スープにすると多くの種類の野菜をたくさん食べることができますので、調理方法を工夫するとよいでしょう。
また、飲料に溶かして使用する食物繊維やサプリメントもあります。忙しい時にはこのような製品を利用する方法もあります。
鯖、鰺、鰯などの青魚に多く含まれる不飽和脂肪酸にも、中性脂肪を下げる効果があります。例えば、焼き肉を食べる代わりに焼き魚や煮魚を献立に積極的に加えるとよいでしょう。不飽和脂肪酸はアンチエイジングにも効果があると期待されている成分です。魚が苦手な場合には肝油などのサプリメントで摂取する方法もあります。
中性脂肪が気になる人はこちら

更新履歴