トップページ > にんにく卵黄の効果について

にんにく卵黄の効果について

にんにく卵黄の効果について


最近各所で話題になっているにんにく卵黄のサプリメント。

いろんな会社からたくさんのにんにく卵黄のサプリメントが販売されていますよね。

滋養強壮に効果的なにんにくと、栄養バランスのとれた卵黄。

この2つが合わさることでよりよく有効成分を摂取できるにんにく卵黄にはどんな効果が期待できるのか。

その辺りを書いてみたいと思います。


にんにくの効能は古くから知られています。

それは日本だけではなく世界各地の料理にも見ることができます。

にんにくは古来よりスタミナの源として、親しまれてきました。

様々な栄養素が含まれるにんにく、その中でもアリシンという成分がとてもたくさんふくまれています。

アリシンとはにんにくの臭いのもとになっている成分ですね。

あの独特の臭気は硫黄化合物であるアリシンのものです。

しかし、このアリシンが実はすごい成分なんです。

疲労回復の効果や滋養強壮はもちろんですが、中でも殺菌効果がとても強いっことで知られています。

チフスやコレラといった強い菌にも負けず、殺菌してしまいます。

これはにんにくに含まれるアリシンを数倍に希釈しても効能が失われないというからすごい殺菌力だといえます。

ここまで強い殺菌作用を持つにんにくは戦時中にも常備薬として重宝されていました。

科学が発展していない時代から人間はにんにくの持つ力をきちんと知っていたのです。


この殺菌作用は現代人の弱ってしまった胃の働きを強くしてくれる効能があります。

ストレスの多い現代社会では多くの方が胃痛や胃に関する病気に悩まされています。

こういった胃のトラブルにもにんにくはその力を発揮してくれるのです。

また、ビタミンB1とアリシンが結合すると、アリアチミンという物質にかわります。

このアリアチミンは代謝を活性化する力を持っています。

つまり、疲労回復に効果的だということです。

他にも動脈硬化や血栓の予防効果、などなど多くの効果が認められています。


卵黄にも効能があります。

完全食とも言われるくらいに卵黄には多くの栄養素が含まれています。

卵黄一つで豊富な栄養を摂ることができるのですね。

良質なタンパク質に加えて、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンEなどのビタミン群。

鉄、亜鉛、リンなどのミネラル分。

必須アミノ酸やレシチンなども豊富にふくまれています。

また、体内のコレステロールを下げる働きもあることでしられています。


生活習慣病の予防にも卵黄は役に立ってくれます。

動脈硬化や脂肪肝、メタボリックシンドロームの予防にも期待できます。

抗酸化作用もあるので老化予防にも効果があります。


上述のようににんにく卵黄には豊富な栄養素だけではなく、健康増進、病気の予防、美容に高い効果があります。

しかし、これら二つの食材があわさることで、さらなる効果があらわれるのです。

にんにくに含まれるアリシンと、卵黄の中性脂肪が結合すると、脂質アリシンという物質に変化します。

脂質愛理新はさらに強力な抗酸化作用を持つ物質です。


体内に存在する活性酸素を除去し、体内器官の健康をも取り戻してくれます。

結果として、身体の中から若々しく健康な身体を維持するようにしてくれるのです。

コレステロールを分解する力もあり、生活習慣病の予防にも役立ちます。

まさしく、美容にと健康にと役だってくれるのです。