トップページ > やずやの雪待にんにく卵黄について

やずやの雪待にんにく卵黄について

やずやの雪待にんにく卵黄について


やずやの雪待にんにく卵黄について書いていきたいと思います。


昔からずっと変わらない健康法、というキャッチフレーズで有名なやずやの雪待にんにく卵黄です。

にんにくは古代エジプトの時代からスタミナの食材として親しまれてきました。

紀元前3000年も前から食されていたというのですから驚きですよね。

そんなにんにくはいまでも世界中で食べられています。


疲れがとれない、倦怠感がある、健康を維持するのなら効果的な食品としてにんにくが代表にあげられます。

古くから、滋養強壮、健康増進の源として、親しまれてきただけのことはあります。

そんな、薬膳としての力のあるにんにくと、厳選した良質な卵黄を使って作られたのが、やずやの雪待にんにく卵黄です。

テレビや雑誌などでも多く紹介されているので、御存知の方も多いと思います。

全国に150万人の愛用者がいるというロングセラーの商品でもあります。

毎日の生活に、にんにくパワーをプラスすることで、元気で充実した一日を送れることでしょう。


やずやの雪待にんにく卵黄で使用されているにんにくは厳選したものを使っています。

種類は青森県の特産品でもある福地ホワイト6片種。

広大な青森の大地の栄養をその身に充分たくわえた、にんにくは肉厚で味も良く栄養素も豊富です。

にんにくの育成環境でもっとも大切なのはその土壌だと言われています。

土の良し悪しでにんにくの品質は変わってくるのです。

福地ホワイト6片種が育つ土壌は、牛糞や米ぬかといったものをはじめとして、カニガラやわらなど有機的な肥料を使って作られています。

化学的な薬品を使うことなく土壌を肥えさせることで、ミネラルや鉄分が豊富な土壌が作られるのです。

こうして作られた土壌は良質のにんにくを育てるのです。


青森の冬は長く寒いです。

氷点下の日々が続く厳寒の大地であるからこそにんにくはじっと耐えるのです。

そのときに、旨味や栄養素を身にたくわえていきます。

ですので、福地ホワイト6片種は身が厚く、味も濃厚で、栄養価も高いのです。

こうして育ったにんにくはアリシンやポリフェノールがたくさん含まれています。

これらの成分は強い抗酸化作用を持っています。

活性酸素を取り除くために、老化防止の効果があるといわれています。

体内にある器官のさび付きを予防するだけではなく、美肌にも効果があるので健康促進以外にも美容に効果が高いと言われています。


やずやの雪待にんにく卵黄に使用されている卵黄にもこだわりをもって厳選されています。

にんにくと同じ青森県産の有精卵を使用しているのです。

こちらの養鶏場は広大な敷地で鶏を飼育しているので有名なのです。

健やかでのびのびと育つような飼育環境から育つ鶏が産む卵、想像がつきますか。

こちらの養鶏場ではえさにもこだわりがあるのです。

海藻やコーンや玄米などビタミンやミネラルの豊富なえさを厳選し与えることで元気で栄養のたっぷり詰まったたまごができるのです。

またこのえさには遺伝子組み換え食品は一切使わないというこだわりもあります。


鶏の体調をみながら、にんにくを与えることもあるそうです。

こうした工夫の結果、できる卵はまさしく大地のめぐみで、黄身をつまんでもつぶれないそうです。


大自然に抱かれて育まれたにんにくと卵黄。

この2つを組み合わせることでさらなる相乗効果もあるのです。

やずやの雪待にんにく卵黄はこうした栄養分を丸ごとぎゅぎゅっと濃縮してカプセルにつめこんであるのです。

カプセルは小粒で飲みやすさにも配慮されています。

1日に二粒が目安となっています。

長く続ければ続けるほどその効果には健康に美容にと期待できるでしょう。


クチコミ


・仕事が忙しくて、職場と家の往復だけで疲れてしまうようになっていました。そこでこのやずやの雪待にんにく卵黄を試してみたところ、二週間ほどで効果がではじめました。いまではすっかりと身体が軽くなって嬉しいです。

・一人暮らしをはじめたものの、面倒で外食ばかりをしていたらお肌が荒れてしまいました。そこで、美肌に効果のあるこちらの品を試してみたところ、1ヶ月ほどでお化粧ののりが違ってきました。いまでは手放せません。