トップページ > やわたの熟成にんにく卵黄について

やわたの熟成にんにく卵黄について

やわたの熟成にんにく卵黄について


やわたの熟成にんにく卵黄について書いていきたいと思います。


にんにく卵黄とは、南九州に伝わる伝統的な食品でした。

しかし、最近ではその効果が広く知られることとなり、一般的にも知られるようになりました。

特に最近ではサプリメントとして、各社からたくさんの商品がでているので御存知の方も多いでしょう。


やわたの熟成にんにく卵黄は熟練の職人が手作業によって30日間じっくりと熟成したものを使用しています。

そのためににんにくに含まれる多くの栄養素をぎゅぎゅっと濃縮することができるのです。

カプセルの一粒一粒に高濃度のにんにく卵黄がつめこまれています。

また熟成にんにく卵黄の原材料は、青森産の福地ホワイト6片種が採用されています。

卵黄は熊本県産の平飼い有精卵を採用しています。

原材料にもこだわって作られているのです。


どれも厳選されたものだけを使用しているやわたの熟成にんにく卵黄は高品質と評判を集めています。

毎日の仕事で疲れがとれない人、朝の目覚めが悪いなどの改善にも効果が期待できます。


毎日飲んでもらいたいものだからこそ、安全と安心の品質でありたい。

そういった願いから、やわたの熟成にんにく卵黄では厳選した原料のみを使用しています。

もちろんそれだけではなく、栄養価や味にもこだわりがあります。


広大な青森の大地で育った福地ホワイト6片はどの国産にんにくにも負けない品質を誇っています。

一粒一粒が大きく、味も良い、栄養価の高さも折り紙付き。

有名な料理人の人も名指しでこのにんにくをお店で使うくらいです。

というのも、にんにくに必要な土壌を化学薬品を使わずに有機的な堆肥のみで整え、厳寒で知られる青森の冬の寒さがにんにくを強く、美味くさせるのです。

その出来は国内最高品質であると評判です。


にんにく卵黄で大事なもうひとつの要素である卵黄にもこだわりがあります。

雲と県の平飼い有精卵は、鶏の育成環境がとても特徴的なのです。

というのも、せまいケージの中で飼われているのではなく、自然豊かな大地を鶏が自由に動き回れるように飼育されているのです。

さらには、獣医が常駐することで衛生管理の他、栄養や健康の管理なども行って、大切に育てられているのです。

こうした徹底した育成環境の中で産む卵は、必須アミノ酸の他、良質なタンパク質やビタミンなどが豊富に含まれています。


こだわりをもって作られたにんにくと卵黄をこだわりをもって職人が作るからやわたの熟成にんにく卵黄は高品質だと評判なのです。


また、やわたの熟成にんにく卵黄ではにんにくを生で使うのではなく、熟成させてから使っています。

もともと栄養価の高さで有名な福地ホワイト6片種を熟成させることで、さらに栄養価を高めるのです。

熟成の期間は30日間。じっくりと熟成させることで、さらに栄養価は高く高くなっていくのです。

最初は白く輝くようなにんにくも熟成させることで徐々に黒くなっていきます。

職人の手で、温度や湿度などをその日の気温などに合わせて徹底的に管理されたそれは1ヶ月後には石炭のように黒い光沢を放つようになります。

こうして熟成した黒にんにくは栄養価のアップだけではなく、味もマイルドになってコクがでます。

また、臭いも大幅にカットされ、殺菌作用も低くなり、胃に負担をかけにくくなるのです。


熟成されたにんにくと生のにんにくでは、特にアミノ酸の量やタンニンの量が格段にちがってきます。

また、脂肪燃焼や疲労回復の効果もアップします。

つまり、ダイエット効果の他にもアンチエイジングや冷え性の対策にもなるのです。


クチコミ


・夫婦で飲んでいます。もう飲み続けて2年くらい経ちますが、肌がきれいだと近所のおくさんによくいわれます。また、夫もいまでも元気で、毎朝ジョギングに行くほどです。このまま飲み続けて健康な毎日を送りたいと思います。


・疲れやすかった身体がいまではすっかり元気になりました。草野球を趣味でしているのですが、これまでは試合の翌日にはもう動くのも大儀だったのが、いまではとても元気に目覚められます。続けて飲んでいこうと思います。