トップページ > 卵黄の効能について

卵黄の効能について

卵黄の効能について


卵はそれひとつで多くの栄養がとれる完全食材とも言われています。

というのも、8種類の必須アミノ酸をはじめ、ビタミンA、ビタミンB、カルシウム、鉄、タンパク質などなど。

卵ひとつだけでこんなにもたくさんの栄養を補えるのです。

また、卵にはレチシンという成分が含まれています。

それは特に卵黄に集中している成分です。

レシチンは地球上に存在するすべての生命に見られる成分とも言われています。

生体膜の主成分のひとつとして知られています。


レチシンは血中の悪玉コレステロールを排除するという働きの他にも、脳卒中や心筋梗塞や肝機能障害などの予防にも効果的だと言われているのです。

コレステロール値の高い方は卵料理を敬遠しがちです。

が、一日2〜3個ならば食べても問題はありません。

デメリットよりも逆にメリットの方が多いくらいです。

レシチンがコレステロール値を正常に保とうとする機能を持っているので、適正量の摂取はむしろ健康に良いとされています。

高血圧でなやんでいるのなら血圧を下げ、逆に、低血圧なら血圧をあげる効果を持っています。


こういった機能の他にもレチシンがもたらす効果はたくさんあるのです。


水とまざりにくい中性脂肪やコレステロール、脂肪酸などは溶けにくい物質として知られています。

が、このレシチンと結合することで水溶性を得るのです。

つまり、水に溶けやすくなるということです。

さらには酵素の働きをサポートし、細胞中からコレステロールを取り除く効果があります。

通常コレステロールを排除するには体内の酸素を消費してしまうために老化を早めてしまうといわれています。

しかし、レシチンの働きによって、酸素の消費量を少なくし、スムーズに体外へと排出してしまうえるのです。

中世脂肪やコレステロールが減少することで成人病などの生活習慣病のリスクを減らすことができます。


レシチンの主成分が作るコリンという成分があります。

そのコリンから生成されるアセチルコリンには脳の働きを活性化さえる効力があります。

従って、老化や痴呆症の予防や防止、認知症の予防や記憶力の向上などの効能があります。

そういったところから脳の栄養分ともいわれています。

また、卵にふくまれるビタミンB12がアセチルコリンの働きをサポートしてくれるのでさらに効率良く効能が発揮できるのです。

卵を積極的に摂取することはアセチルコリンを効率的に補う方法として推奨されています。


レシチンにはビタミンEがとても豊富に含まれているのは御存知でしょうか。

身体が老化する原因である過酸化脂質の抑制を行ってくれ、体内から若さと健康を維持してくれる成分なのです。

シミやしわといった肌の老化にも効果があり、アンチエイジングの効果も期待できるのです。

また肌にダメージを受けた皮膚の再生も行ってくれる優秀な成分といえるでしょう。