トップページ > 熟成黒にんにくについて

熟成黒にんにくについて

熟成黒にんにくについて


熟成黒にんにくは世界が注目している栄養食品黒にんにくに土佐一しょうがを合わせた健康食品です。

そのこだわわりは強く100%国産の減農薬栽培のものを採用しています。

古くから世界中で滋養強壮として知られているにんにく。

わたしたち日本人の食生活にも欠かせない食材として、いまでは親しまれています。


アメリカ国立がん研究所によるデザイナーフーズプログラムというものがあります。

これは食品の有用性を計るプログラムで、このプログラムでとても他界を評価を得ています。

もともと栄養豊富なにんにくを熟成、発酵させることでさらに高い栄養価を含んだ黒にんにく。

それに土佐一しょうがをあわせることで健康増進の効果がさらにアップしています。


熟成黒にんにくの原料は青森県産の福地ホワイト六片を採用しています。

全国的にも有名な福地ホワイト六片は青森の厳しい大地で生育されています。

この厳しい寒さが、他のにんにくよりも旨味や栄養素が凝縮される秘密なのです。

その青森産福地ホワイト六片を、一定の温度と湿度に管理された海洋深層水につけ込むことは一ヶ月。

じっくりと熟成させていくことでホワイトと呼ばれるにんにくが徐々に黒く染まっていきます。

こうしてじっくりと熟成発酵を経て、豊富な栄養をふくんだ黒にんにくへと変わっていくのです。


にんにくは熟成さえることでその栄養価が大幅にアップします。

ポリフェノールは約5倍、SOD活性は約4倍、脂肪燃焼系アミノ酸は約20%の増加、疲労回復のアミノ酸は約2倍などなど。

にんにくが元々持っているたくさんの栄養素が、熟成されることによってさらに増加するのです。

結果として、黒にんにくには脂肪燃焼効果やコレステロールの低下といった効果がさらにアップします。

がんの予防や動脈硬化の改善や心臓疾患の予防といった効能も期待できます。

また、熟成することによって臭いの原因となっているアリシンと呼ばれる成分が減少するのです。

つまり、にんにく特有の臭さも軽減され、口臭や体臭などがでるといったことはありません。


熟成黒にんにくでは高知産の土佐一しょうがを採用しています。

土佐一しょうがとは、減農薬栽培によって、作物と環境に優しい栽培方法となっています。

安心で安全性の高い栽培方法でもあるので、安心して口にすることができます。

この栽培方法は土佐一しょうがだけでなく、福地ホワイトにも採用されている栽培方法です。

こうした契約農家の食材を使用することで、どちらも品質がしっかりとした良質なものを厳選して、製造されています。


しょうがに含まれている栄養素にはポリフェノールやジンゲロンやショウガオールなどがあげられます。

ポリフェノールには蓄積された悪玉菌を除外する効果の他、個血圧や心臓病、動脈硬化や糖尿病の予防効果があるとされています。

ジンゲロン・ショウガオールには酸化防止作用があります。

鎮痛、解熱効果の他にも抗菌作用や肝臓障害などにも効果があるとされています。

御存知のようにしょうがにもたくさんの栄養素や健康増進のための栄養素がふくまれているのです。

また、しょうがは身体を温める食材としても知られています。

その効果には、血行の促進効果もありますし、冷え性や肩こりの改善にも期待できるのです。

女性には嬉しい効能じゃないでしょうか。