トップページ > 糖尿病とはどんな病気なのか?

糖尿病とはどんな病気なのか?

糖尿病とはどんな病気なのか?


糖尿病とは生活習慣病のひとつであると言われています。

具体的な症状としては、血糖値が高くなり、食事からとった栄養素をうまく吸収できなくなるのです。

運動不足や肥満などが原因であるとも言われています。


食べ物を消化して作られるブドウ糖という物質があります。

ブドウ糖は身体を動かすエネルギー源となるものです。

健康な人の体内では、血流にのってブドウ糖は体内の各細胞に運ばれていきます。

そして、筋肉や膵臓といった臓器で使用されることになるのです。

このブドウ糖がどのくらい血液に残っているのかをあらわした数値が血糖値です。

この血糖値があがってしまうと、糖尿病と診断されてしまいます。

どういう状況にあるかというと、ブドウ糖が各細胞に運ばれず血中にとどまっている状態です。

要するに血液の中に糖があふれかえっているような状況を想像してもらえればわかりやすいかもしれません。


糖尿病の予防に必要な成分はインシュリンといわれる成分です。

このインシュリン、血糖値を下げることができる唯一の成分といわれています。

糖尿病にならないためにはインシュリンの働きが大きく左右しているといえるでしょう。

インシュリンの分泌量は運動不足や暴飲暴食、肥満、ストレスなどで減少していきます。

ですので、こういったことが続く生活習慣を改善しないのであれば、インシュリンの分泌量が減り、ブドウ糖が血中にあふれるのです。

こうした糖はうまく代謝ができないまま尿と一緒に排出されることになります。


糖尿病が怖いと言われる理由は、色んな症状を併発する原因となる病気だからです。

網膜症や人病、神経障害などなどたくさんの症状を併発することで知られています。

生活習慣病は1つでは治まりません。

いくつもの病気が連鎖していくのです。

だから怖い病気と言われるのです。

そうならないためには糖尿病の予防が大切です。


糖尿病の予防、または糖尿病を患っている人におすすめしたい食材はにんにくです。


にんにくには血液中の血糖とグリコーゲンなどの糖代謝を促進し円滑にする働きがあります。

にんにくに含まれているビタミンB6が糖尿病からくる神経障害などの予防に高い効果が期待できるのです。

にんにくに含まれる亜鉛は、インスリンの分泌や生成を補助してくれます。

アリシンとビタミンB1が糖の代謝をサポートしてくれます。ビタミンB1だけでも糖の分解に効果がありますが、アリシンと一緒になることでさらにその効果はアップします。