トップページ > 薩摩の黒にんにく卵黄について

薩摩の黒にんにく卵黄について

薩摩の黒にんにく卵黄について


薩摩の黒にんにく卵黄とは九州の恵みが生きている長寿の里という通販サイトさんから販売されているサプリメントです。

こちらのサイトは九州産の食材を活かした健康食品をたくさん取り扱っておられることで有名なサイトです。

薩摩の黒にんにく卵黄は熊本県の菊池郡旭志村の管理農場で作られているにんにく卵黄のサプリメントになります。

熊本県菊池群といえばホタルの里としても有名な豊かな自然に囲まれている集落です。

そんな場所で作られるにんにくは自然の恵みがたっぷりと含まれています。

その栄養価は高く、味もまたしっかりとしています。

このにんにくをじっくりと熟成、発酵させることで通常の白にんにくを遙かに超える栄養価の黒にんにくに生まれ変わります。

それにプラス有精卵を配合して作られた薩摩の黒にんにく卵黄は、妥協せずに作られた至極の一品です。


ほたるが生息するには清浄な水と豊かな自然が欠かせません。

そんなホタルの里として有名な熊本県菊池群の自然で生育されたにんにく。

土壌の改良にも力を入れられていて、栽培火山灰といわれる黒々とした大地の力がたっぷりの土壌で栽培されています。

土壌はねっとりとしていて、なるべく農薬を使わないように育成しています。

こうしてたっぷりと大地の栄養を含んだにんにくは1ヶ月熟成されます。

熟成させることで、さらににんにくのもつ栄養素がアップします。

生でも豊富だったビタミンやミネラル類がどんと凝縮された黒にんにくは臭いもカットされています。

というにも、熟成発酵させることで、にんにく特有の臭いもカットされるのです。


薩摩の黒にんにく卵黄が他のにんにく健康食品と違うのは有精卵を使用しているところです。

有精卵を生む鶏はもちろん飼育環境やエサにもこだわって飼育された最高級の鶏だと言えます。

衛生管理だけでなく、徹底した健康管理された鶏が生む有精卵は力強いほどに栄養素をたっぷり含んでいます。

その栄養が凝縮した黄身は指でつまんでもちあげてもつぶれないほどに強靱でしなやかです。