トップページ > にんにくと肝臓の関係性について

にんにくと肝臓の関係性について

にんにくと肝臓の関係性について


スタミナ食として有名な食材といえばにんにくですね。

疲れにくくなったり、元気の素と言われていますよね。

ただこういった効能以外にもにんにくは素晴らしい効能があるのは御存知ですか?


にんにくには肝機能を補助する栄養素が多く含まれています。

具体的な栄養素としては、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6,ビタミンEなど様々なビタミンが豊富です。

にんにくはビタミンの宝庫だったわけです。

このビタミン類がなんの役に立つのかというと、肝臓を補助してくれるのです。

肝臓と言えば、お酒、が連想されますよね。

ですので、お酒を飲むときにはにんにくが効果的なのです。

二日酔いにも効果がありますので、お酒を飲む機会があるときにはしっかりとにんにくを摂っておきましょう。

あまり知られていないことかもしれませんが、すごく効果的なので、にんにくの丸揚げとかあると頼んでみてください。


肝臓は非常に重要な臓器であるだけに肝機能が低下してしまうと様々な病気を引きおこしてしまいます。

肝機能が低下してしまうと、栄養の新陳代謝が低下してしまいます。

解毒作用が悪くなるので、負担が大きくかかってしまいます。

そうなると肝硬変や急性肝炎、肝臓がんなどを引きおこすことになります。

肝臓が悪くなってくると日々の生活にも影響がでてきてしまいます。

健康的な生活は送れなくなってしまうと言っても過言ではありません。

ですので、肝臓は大切にしてくださいね。

日頃からお酒を飲み過ぎたりしないように注意してください。

特に連続飲酒などはリスクが高いので、気をつけてくださいね。


肝臓に効果的なにんにくの有効成分を書いてみます
・ビタミンB群

肝臓にたまった糖質をエネルギーに変える働きのあるビタミンB群。

生活習慣に問題のない方であれば、ビタミンB群が不足しているということはありません。

肝臓の負担もないといっていいでしょう。

しかし、睡眠不足や暴食暴飲をしていたり、お酒を飲み過ぎていたりするなら要注意です。

こういった生活習慣はビタミンB群をムダに浪費させてしまいます。

すると、肝臓に負担がかかってしまい、うまくエネルギーの代謝をすることができなくなってしまいます。

ふだんの生活習慣を整えることがもっとも効果的ですが、それも無理だというのならにんにくをたくさんとってビタミンB群を補給しておきましょう。


・アリシンとアイリン


にんにくの臭いの元となる成分です。

硫黄化合物で、にんにくのあの臭気のもととなっている成分です。

が、アリシンやアイリンは肝臓にたまった化合物質を体外へと排出する働きを持っています。

その働きはとても強く、有毒物質である水銀なども排出してしまいます。

1度体内に入ってしまうと、なかなか取り出せないと有名な水銀を排出してくれるのです。

厭がられる要素の強い臭いの元ですが、実はすごく身体に良い成分なのです。

肝臓の健康状態を維持してくれ、脂肪の代謝も促進してくれるのでダイエットとデトックスに効果のある成分です。


・メチオニン


必須アミノ酸の1種です。

タンパク質と合成することで知られている成分です。

肝臓に対する役割は老廃物などを排出する働きですね。

また、肝機能をサポートする働きも持っています。

血中のコレステロールを減らすという効果も持っており、とても有用な成分です。

肝臓には欠かせない成分といっても言い過ぎではないでしょう。


このようににんにくには肝臓の機能を補助してくれたり、肝臓を健康に保ってくれる役割のある成分がたくさん含まれているのです。