トップページ > にんにくは胃に良いのか? 悪いのか?

にんにくは胃に良いのか? 悪いのか?

にんにくは胃に良いのか? 悪いのか?


スタミナの元、元気の源として知られている食材、にんにく。

疲労時に食べると、回復が早まったり、夏ばてには効果的であると知られています。

しかし、あまり知られていないにんにくの効能というものがあります。

そのひとつが胃に効果的だということです。

にんにくに含まれているアリシンとビタミンB1という成分があります。

この二つの成分が結合することでできる物質がアリチアミンという成分です。

アリアチミンの主な働きとして、胃を強くする働きがあります。

また、脳や精神を落ちつかせる効果もあり、ストレスの多い現代社会では有用な成分と言えるのではないのでしょうか。


ストレスを抱えている人は多いです。

また、ストレスが引き金となって発病する病気もたくさんあります。

その内のひとつが胃痛です。

ストレスがたまってつい暴飲暴食をしてしまう、なんてことを経験された人は少ないはずです。

こういった胃痛をアリチアミンが改善してくれます。

アリチアミンには胃粘膜を強化する働きも持っています。

他にも消化酵素の分泌をうながしたり、とさまざまな栄養素の分解を助けてくれる成分なのです。


胃が強くなるということは結果として胃の様々な病気に対して耐性ができるということでもあります。

胃炎や胃腸炎、胃潰瘍に胃がん、などなど胃に関する病気はたくさんあります。

ですので、これらの病気を予防する意味でもにんにくの摂取をおすすめします。


さて。にんにくが胃を強くする働きを持っているということは上述しました。

では次に、消化をサポートする働きがあるということも説明したいと思います。


にんにくの成分のひとつであるアリシンには強い殺菌効果があります。

そうあのにんにく独特の臭気のもととなっている成分です。

この殺菌効果によって腸内のいわゆる悪玉菌を減少させることができます。

しかし、アリシンの持つ殺菌作用はとても強いために、胃に負担をかけてしまうこともあるのです。


特に生のにんにくはアリシンがとても強く残っています。

香りを嗅いでみるとすぐにわかりますよね。

そのまま生で食べてしまうと、悪玉菌だけでなく善玉菌も殺菌してしまう可能性があるのです。

そうなってしまっては逆に胃を守ることができなくなってしまいます。

そうならないためには胃腸が弱い方は生のにんにくはできるだけ避けてください。


そう。生のにんにくでは少し成分が強すぎるのです。

では、どうすれば安心してにんにくを食べることができるのか。

かんたんです。火を通せばいいんです。

火を通すことでアリシンの効果が弱まります。

ですので、殺菌効果も弱まるのです。

となると、消化をサポートしてくれる善玉菌は生き残ることができますね。

善玉菌の方が多くなると、悪玉菌を駆逐してくれます。

結果的に、腸内環境が整い、健康的な生活を送れるという次第です。


にんにくが身体にとってとても有効な食材であることは理解していただけたかと思います。

にんにく、食べたくなってきませんか。

でも、ひとつ気になることがありますよね。


そう、臭いです。

翌日まで臭いが残ってしまうから、と食べるのを躊躇してしまう人も多いですよね。

そんなときにはにんにく卵黄というサプリメントを試してみませんか。

にんにくの臭いはほとんどなく、しかも有効成分をぎゅっと濃縮したサプリメントです。

健康的な生活を手軽に遅れるサプリメントとしていま注目を浴びています。